ILADY

WHAT IS
SRHR?


「セクシュアル・
リプロダクティブ・ヘルス
/ライツ」とは?

カテゴリー: ジェンダー/多様性の記事一覧


開催日時:2018年9月1日(土) 10:00~12:00
開催場所:独立行政法人国立女性教育会館(NWEC) 茶室「響書院」
主催:I LADY.(国際協力NGOジョイセフ)
(平成30年度 男女共同参画推進フォーラムイベントとして)

I LADY.では9月1日、国立女性教育会館(NWEC)で開催された「男女共同参画推進フォーラム」の中でワークショップを実施しました。今回のテーマは「自分らしく生きるということ」。例えば、恋愛、結婚、妊娠、出産等といったライフイベントのいくつかの場面において、私たちは本当に自分の意志に向き合って選択をしているか、自分らしく生きられているか。セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR)の視点から、こうしたテーマについて考えました。


自分らしく生きるとはどういうことでしょうか?
I LADY.では、“Love, Act, Decide Yourself.”の大切さを伝えるため、2017年秋より、若者が同世代の若者同士で話し合うことのできる「ピア・アクティビスト」を育ててきました。
今回は3人のピア・アクティビストに、「自分らしく生きる」というテーマを主軸に、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツについて語ってもらいます。
みなさま是非ご参加ください。


イタリア生まれのフィアットが、すべての女性を応援するキャンペーン「#ciaoDonna(チャオドンナ)」。
この夏、I LADY.とコラボレーションし、「Energize Your Summer! 」をテーマに、エナジー、リラックス、パワーという3つのカテゴリーで、すべての女性を優しく、そして力強く応援します!

#ciaoDonnaのサイトでは、I LADY.アクティビストによる、この夏を自分らしく、そしてエネルギッシュに過ごすためのスペシャルな動画メッセージを配信。
そして、フィアット正規ディーラーでアンケートに答えると女性限定でスペシャルなプレゼントがもらえます。


開催日時:5月13日(日) 15:15~17:30
開催場所:Peoplewisecafe (横浜市青葉区)
主催:Me SMILE(I LADY.アクティビスト宮井典子さん運営事務局)
協力:国際協力NGOジョイセフ、一般社団法人 日本母子健康運動協会

ピラティスやバギーランを通してお母さんたちに産前産後ケア指導をしているI LADY.アクティビストの宮井典子さん。日頃からレッスンを通して様々な相談を受けることも多く、自分のことが後回しになりがちなお母さんたちに、もっと自分自身に向き合う時間を持ってほしいと「自分らしさとは?」をテーマに母の日イベントが実施されました。


ジョイセフは、I LADY.の活動の一環で、2017年9月より、セクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR)の推進を行うピア(仲間)・アクティビストを育成しています。
対象は、I LADY.の目的と活動に賛同し、同世代への働きかけを積極的に行うピア(仲間)の若者です。

この度、第4回養成研修を下記の要領で行います。
本研修は無料で受講できますが、今後I LADY.ピア・アクティビストとして活動することが受講条件となります。
下記のピア・アクティビスト・ガイドを必ずご一読、ご承諾の上、研修を受講してください。


開催日時:2018年3月28日(水)
開催場所:FIAT Caffé SHOTO
共催:I LADY. (国際協力NGOジョイセフ)、Couleurire(クルリール)
協賛:FIAT
協力:FIAT Caffé SHOTO
企画:Couleurire
参加者:高校生、大学生、社会人

3月28日、ピア・アクティビストの学生たちで立ち上げた団体「Couleurire(クルリール)」の起案で「フェミニズムのイメージをポジティブなものに変えるには?」をテーマに、イベントFeminism Night Outを開催しました。FCAジャパンのマーケティング本部長ティツィアナ・アランプレセさんをゲストに迎え、フェミニストとしての考えや想いを仕事に活かす方法をお話しいただきました。


8日の国際女性デー記念イベントとして、2018年3月10日、ガールスカウト日本連盟による「1日限定カフェ、“Add your voice café”」が開催され、I LADY.は、企画・運営に協力をしました。会場は、ジョイセフ・スポットでもある新宿区市ヶ谷のLowp Kitchenです。“トークショーの他、日常生活の中にもあちこちに存在する“女だから男だからこうあるべきといった、性別の固定観念”に気付き、その“固定観念からすべての人が解放されて、ひとりひとりが自分らしく、わたしらしく生きられる社会”を考え、行動を起こすきっかけとなるような5つのワークショップが実施されました。そのうちのひとつが、I LADY.のi SELECT SHOPでした。



2016年末、ジョイセフが行っているI LADY. キャンペーンがSNS上で炎上しました。動画に関する意見と、「新・女子力テスト」と題して使用したデータに関してでした。とりわけ、データに関しては専門家からも指摘を受けました。そのテストの中で、ジョイセフは、もっと日本でもセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康と権利)に関する正しい知識を普及する必要があることを訴える際に、「日本人の妊娠・出産知識レベルは先進国で最下位レベル(トルコに次いで下から2番目)」というデータを使ったためでした。そのデータは「Human Reproduction」という英国のカーディフ大学の研究グループが実施した国際調査から引用したものです。