ILADY

開催日時:5月13日(日) 15:15~17:30
開催場所:Peoplewisecafe (横浜市青葉区)
主催:Me SMILE(I LADY.アクティビスト宮井典子さん運営事務局)
協力:国際協力NGOジョイセフ、一般社団法人 日本母子健康運動協会

ピラティスやバギーランを通してお母さんたちに産前産後ケア指導をしているI LADY.アクティビストの宮井典子さん。日頃からレッスンを通して様々な相談を受けることも多く、自分のことが後回しになりがちなお母さんたちに、もっと自分自身に向き合う時間を持ってほしいと「自分らしさとは?」をテーマに母の日イベントが実施されました。

当日はあいにくの雨でしたが、育児真っ最中の方、少し手が離れてきている方、今後の自分がどうしたいか考えている方など、様々な背景の方が参加していました。

今回のイベントは、「自分らしさ」がテーマ。自分が主人公として、〇〇ちゃんママや〇〇君お母さん、といった子どもを通した呼び方ではなく、自分自身として「呼んでほしい名前」を書いてもらい、一人ずつ自己紹介。参加した理由が「今後どう生きたいか。」、「40代に入り、人生残り半分をどうするか。」同じような悩みをもって参加している方の言葉にうなずく場面も。

その後は、宮井さんによるI LADY. NOTEを使ったワークショップがスタート。
途中美味しそうなケーキが出てきて、和やかなムードに。

自分らしさって、何だろう?

スタートは自分を知ろう編。自分らしさって、何だろう?「自分」の性格や長所についてじっくり考えてもらいました。意外に自分自身のことになるとなかなか思い浮かばず、苦戦する方も。

グループに分かれてシェアし、「人間関係に恵まれていること」という発表を聞いた後、「それは長所になるのだと気づきました。」「もっと出会いを大切にしていきたい。」など他の方の分析を知ることで、自分自身も振り返ることができた方もいました。

海外の現状について

休憩を挟んだ後、動画を見ながら、ジョイセフの活動について、ジョイセフスタッフが世界と日本の現状を紹介。
ジェンダー、経済、教育などの格差により「自分で決める」選択肢がない国や地域があること。この現状を知ってもらうには、まず、日本の女性に「自分自身のことを知ること」でエンパワーメントしなくては、遠い海の向こうの国に意識を向けることができないのではないかと伝えました。
世界の現状を知ることで、「選択」できる国日本にいる私たちが今できることは何かを改めて考えるきっかけになったという方も。

I LADY.行動宣言!

最後に、自分の人生ラインをグラフに書くことで、どんなできごとが自分に影響を与えたか、自分の気持ちと向き合うことで、何がきっかけで人生が上向きになったのかをシェアしてもらい、今日の時間を過ごして、今後どうしたいか、何を心掛けたいか、自分自身のI LADY.行動宣言!を発表し終了しました。

「Love」自分をほめてあげること。
「Love」パートナーや家族ときちんと向き合うこと。
「Act自分で今までやってきたことの情報を発信し、誰かの手助けになるようにしたい。
「Love」日々の中で自分が楽しく、Happyでいるためにやりたいことをやる!(自己肯定感を高める)

など、母として一人の女性として、笑いあり、涙ありの自分に向き合う充実した時間になりました。普段家族のことだけに目が行きがちな忙しいお母さんだからこそ、「Love」の宣言を選択している方が多いのがとても印象的でした。

参加者からは、「学校でやってほしい。」「社会にとっては必要だと思う。」「子どもにも伝えたい。」「海外の現状を知ることで、日本を客観的にみられるようになった。」などの意見も寄せられました。
今後も様々な地域でI LADY.の活動を広げ、届けたい方に届くよう継続して開催していきたいと思います。