ILADY

モデル
立野リカさん

海外ボランティアに強い関心を持つ立野さんとジョイセフが訪れた、ネパールの女性支援現場の特別レポート。前編では、暴力、拷問、性暴力の被害者を保護する施設やセックスワーカーの権利を守る団体を訪問しました。後編では、今を生きるネパールの女性たちの現状をご紹介します。


-世界のSRHルポ in ネパール PART 2-

⑤  ネパールの田舎町

舗装されていないガタガタな道を走り続けておよそ2時間後。郊外にある小さな田舎町へ到着しました。ここでは、10~50代と幅広い年齢層の女性をインタビュー。突然の訪問でしたが、堂々とまっすぐに質問に答えてくれた彼女たち。悩みを聞くと、やはり医療施設が十分にないという意見が目立ちました。緊急時には医者ではなく、看護師や准看護師の指導のもと、救急治療の設備もない簡易診療所に運ばれるそうです。特に妊婦さんはいざというときに素早く安全な処置を受けることが難しく、出産に不安を抱える女性も。さらに14歳ころから両親に結婚を勧められたり、男の子を授かるまで産み続けないといけないというプレッシャーにさいなまれるそうです。若くして出産し、家庭を優先して学校をやめなくてはならないケースも少なくありません。中にはお見合いなどで相手を決められるのが嫌で、恋人と駆け落ちしてしまった女性も何人かいました。

1.28~57女性
最初に集まってくれたのは28歳から57歳の女性たちのグループでした。

そこで彼女たちの夢を聞いてみると、ほとんどが「子どもにはきちんと教育を受けてほしい」という答え。彼女たちの多くは、妊娠により学校を中退してしまっているので、育児を終えたとしても就職の可能性が非常に限られています。だからこそ彼女たちは、せめて自分の子どもにはちゃんと教育を受けてほしいと強く思っているそうです。自分自身をちゃんと愛せていて、たくましく生きる彼女たちだけれども、「Decide」「Act」をする機会がないことを痛感しました。

2.18~26女性
次に18歳から26歳の女性たちからお話を聞きました。

⑥  Bansbari YOUTH CENTER(バンスバリ・ユースセンター)

最後に訪れたのが、カトマンズ中心部にある、ジョイセフとFPANが運営しているユースセンター。ここでは、ピア・エデュケーターたちが現地の10~20代の若者を対象に定期的にSRHの講座を開いています。特に途上国の若者は、正しい性の情報を得ることが難しいため、多くの思春期の男女が望まない妊娠や出産、安全でない人工妊娠中絶、HIV感染などのリスクに直面しています。さらに、女性であるがゆえに差別を受けてしまう人も少なくありません。たとえば、生理用品を入手できないから学校を休んだり、生理中の女性は「穢れ(けがれ)」と見なされ納屋に隔離されたり。だからこそ、同世代のピア(仲間)の立場から性や健康に関する正しい知識を教わることで、気軽に質問することができます。

3.真剣な受講生
真剣に授業を受ける受講生たち。

4.ピア
男女の身体の仕組みや、避妊方法について教えるピア・エデュケーターたち。

5.集合写真
最後にみんなで記念の1枚。パワーをもらいました!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

たくさんのネパールの女性たちに直接お話を聞くことができた立野さんに、改めて感じたこと、考えたことを聞いてみました。

―日本、アメリカ、そしてネパールの女性たちとの違いや共通点は?

ネパールの女性はとにかくハートが強い!しっかり「Love yourself」できていると感じました。強いて言うなら、少しシャイなところが日本人に近いと思います。たとえば、アメリカは良くも悪くも自己主張をする文化なので、ネパールの子はどちらかというと控えめに感じました。悩みを抱え込んでしまったり、話せる相手がいなかったりするのではないかと心配しましたが、ほとんどの子が「お母さんとは話せる」と答えてくれて安心しました。ただ、性についてはあまり話されていないようなので、そこは何事もオープンに話すアメリカとの違いですね。もちろん、家庭によるので一概には言えませんが…。

―立野さんにとって、世界に共通する大事な価値観とは何だと思いますか?

ひと言でいうと「選択権」です。国境や人種を問わず、いつだって自分の人生を自分で決める選択権があるべきです。たとえ生まれ育った環境が違っても、今の時代はインターネットがあるので恵まれていると思います。いろんな情報を知れば知るほど、自分の小さな世界は着実に広がっていくので。一番わかりやすいのは旅行ですよね。海外へ行くと違う文化に触れることができて、新たな世界をのぞくことができます。私たちには視野を広げる自由があるので、さまざまな生き方があることを知るのが大切だと思います。

―「選択権」はI LADY.の「Decide」につながるところがありますね。

そうですね、ジョイセフが推進しているSRHもこの「Decide」がキーワードだと思います。いつ結婚して、何人子どもを産むのか。結婚をせずに、子どもを産むのか。そもそも、子どもを産みたいのか。望まない妊娠をしてしまった場合、中絶をするのか。どんな状況であれ、すべては自分次第です。けれどそれを自覚できるようになるには、やはり教育が鍵だと思います。教育レベルが高い女性は早婚をする人が少ない上に、お産で母子ともに命を失うことも少なく健康な赤ちゃんを産み、後に子どもにきちんとした教育を与えるそうです。だからこそ、女性の選択肢を増やすひとつの手段として、SRHの教育が大切だと実感しました。自分の身体を知り、大局的な見地で人生計画ができれば、私たちの可能性はもっともっと広がるのではないでしょうか。

編集後記
立野さんの魅力は、誰とでもすぐに打ち解けられること。ネパールの女の子たちともすぐに仲良くなり、スマホの写真を見せ合ったり、いっしょに写真を撮ったり、とてもフランクな姿が印象的でした。一方で、訪問先で受ける団体の説明や女の子へのインタビューに対して真摯に向き合い、自分なりに情報を読み解き、理解できるまで質問をくり返し、どうやったらその問題を解決できるのか?考える姿は真剣そのもの。グローバルなI LADY.アクティビストとして、今後のアクションが期待できます。