ILADY

photo

 生殖やホルモンバランスのコントロールをつかさどる女性器は、女性にとって自身の健康状態を知る大事なバロメーターでもあります。なのに、自分の性器の構造を正確に知っている人は意外と少ないのでは!? それだと、もし性器に異変を感じても、“具体的に症状を説明できない”なんてことになりかねません。 
 自分の性器を知ることは、自身の健康を守るためにも大切なこと。毎日髪や素肌をケアするように、見て、触って、性器についての理解を深めていきましょう。
 第1回目となる今回は、外から見える外性器の仕組みと形に迫ります!

一体どうなってるの!? 外性器の仕組み

 それでは早速、下のイラストと見比べながら、自分の性器を鏡に写してチェックしてみましょう。初めて見る人は、想像もしていなかった色や形にちょっとビックリしてしまうかも!? でも、複雑な女性器には、それぞれちゃんとした役割があるのです。

① クリトリス
5~10mmの突起で、男性のペニスに当たる部分。性的快感を得るための感覚器官。包皮に包まれており、興奮すると勃起して大きくなる。

② 小陰唇
大陰唇の内側にある2枚のひだ。左右対称だったり非対称だったり、色や形、大きさは人それぞれ。出産のときは大きく伸びるが、産後すぐに縮む。

③ バルトリン腺
ペニスを受け入れる際にスムーズにするため、性的に興奮したときに粘液状の愛液を分泌する。

④ 会唇
大陰口と小陰口がくっつくあたりから、肛門の間にある部位。出産のときにやわらかく伸びて、膣口が傷つくのを守ってくれる。

⑤ 大陰唇
性器の一番外側にある、左右に分かれた部分。クリトリスや肛門を守るため、皮下脂肪が厚くたっぷりとついている。性的に興奮したり妊娠したりすると、充血してふっくらと膨らむ。

⑥ 処女膜
1枚の膜ではなく、膣口のまわりにあるひだで、膣口にはもともと指1本くらいの小さめの穴が空いている。セックスをしていなくても、激しいスポーツやタンポンの挿入で破損してしまうことも。傷ついた際に出血するかどうかは人それぞれ。

⑦ 膣口
月経血やおりものが出てくる場所。セックスをするときはペニスを受け入れるところであり、出産(経腟分娩)時は赤ちゃんの通り口でもある。

⑧ 尿道口
おしっこの出口。

人によってこんなに違う!
小陰唇の形あれこれ

自分の性器を実際に鏡で見てみて、どんな感想を持ちましたか? もし、「私の性器って人と違うかも……」と不安になってしまった人は、心配ご無用! 肌の色や顔のつくりが人それぞれ違うように、性器の色や形も十人十色。違って当然なのです。例えば、小陰唇の形ひとつとっても、代表事例だけでこんなにバリエーションがあります。
小陰唇の形-3

クリトリスの位置で見分ける!
“上付き”or“下付き”診断

 続いて、鏡の前に立って、クリトリスがどこにあるかをよ〜く見てみて。正面からクリトリスが見えれば、あなたは“上付き”、見えなければ、“下付き”ということになります。また、自分の性器がどちらのタイプなのかを知れば、セックスのときにペニスを受け入れやすい体位もわかってきますよ。

① 上付き
正面からクリトリスが見える。肛門から膣までが3~4cm以上あり、膣口が前方についているため、正常位の方がペニスを受け入れやすい。

② 下付き
正面からクリトリスが見えない。肛門から膣までが3~4cm以下で、膣口が後方についているため、後背位の方がペニスを受け入れやすい。
 
 
 今回、改めて自分の性器をまじまじと見つめてみて、「クリトリスってこんなところにあったんだ!」や、「私の小陰唇って左側が少しだけ大きいのね」など、何か新発見はありましたか? どんな色や形をしていても、性器の機能に優劣はありません。ちょっぴり黒ずんでいたり、ひだが大きかったりしても、それも全て個性だと受け止めれば、なんだか自分の性器が以前よりも可愛く思えてきませんか? 自分のかけがえのない一部として、大切にしてあげてくださいね。

次回は、見えないだけにより謎が多い、内性器の秘密を解き明かします!

参考文献
・早乙女智子先生:徹底図解 「女」のからだQ&A
 今さら人に聞けない女性の“しくみ”をわかりやす解説/宝島社
 
・北村邦夫先生:TEENS’ BODY BOOK/扶桑社

I LADY.編集部
君島 友喜 / ライター

1986年生まれ。大学卒業後、出版社でのアルバイトを経てフリーランスのライターに。現在は女性向けWEBメディアを中心に、ファッション、ライフスタイル、カルチャーなど多ジャンルで執筆中。

 

supervised by 早乙女智子(産婦人科医)